BAND-MAID世界征服の第一歩

帰宅してきました。
BAND-MAIDの東名阪ツアー。
e0045797_22172499.jpg
BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018 at Nagoya
(画像は公式Twitterから拝借しました)

早いもんで、昨年の名古屋ミニお給仕に初めて帰宅してから、これで4回目。
このブログの読者様なら改めて説明するまでも無いですが、すっかり虜になっております。
なんせ、寝室の壁がこれですよ(笑)
e0045797_22263465.jpg
前回のお給仕ツアーの時に手に入れたポスター(左)と、今回買ったポスター(右)。
知らん人が家に入ったら、驚くだろうね。
なんせ、コレの隣はブリヂストンモータースポーツのカレンダーだし、反対側の壁は東京ヤクルトスワローズのカレンダーだから(笑)

まあ、それは良いとして、お給仕ですよ。
4回目ともなると、ホントに「帰ってきた」っていう感覚になるんだから、不思議なもんです。
e0045797_22335834.jpg
そして、お給仕自体は、最初から最後まで相変わらずのノンストップ・・・と思いきや、今回はちょっとしたサプライズがありました。
てーか、マジでビックリしましたよ。

詳しくは後ろに書くとして、全体的な印象。

ご主人様・お嬢様(つまり、観客)が多い!
今回はお嬢様専用スペースも設けられてて、コレはナイス配慮!
オールスタンディングなもんで、前に大きなご主人様が居たらステージ見えなくなっちゃうし、お嬢様には有り難いよねー。

俺はいつもの通り後ろでのんびりと聴かせてもらいました。
ダイアモンドホールはそこそこキャパシティある筈ですが、オールスタンディングでほぼ満員ですからねー。

さすが、アルバムがオリコンランキングトップテン入りするだけあるわ。

で、ノリも演奏も最高!
前回の名古屋お給仕の時、「進化の途中で殻を破ろうとしてる感じがする」って書いた記憶がありますが、今回は「殻から飛び出して走り出してる」ように感じたのです。
「何訳分からん事言っとるんじゃ!」とこれを読んで思うかもしれんですが(笑)
音楽理論やなにやらそういう細かい事は全然詳しくないので、あくまで俺の感じ方として、です。

まあ、何が言いたいのかというと。
今までで一番楽しかった!
って事です♪

5人全員のレベルが確実に上がってる!
演奏のレベルもそうですが、お給仕としての構成も含めて、凄すぎた。
ホント、とんでもないバンドですよ、これ。

ほぼ2時間、素敵な時間でした。
最高のお給仕をありがとう!!


ここからは、ちょっと中身に踏み込んで書きます。
もし、大阪や東京のツアーに行く予定で、内容は事前に知りたくない、って方は読まない方が幸せかと思いますので、ご了承の程を。






まずは、新譜のタイトル曲「DOMINATION」で始まったお給仕。
ここから、いつもの通り飛ばしに飛ばして・・・と思ったら。

突如、静寂で包まれる会場。
実際は1分位だったのかもしれんですが、体感では3分位でしょうか。

ん?なんだ?と思ったら。
メインボーカルの彩姫さんとアコースティックギターを持った歌波さんだけ登場。

ミニお給仕以来のアコースティック編成!

これは嬉しい驚き。もう一回聴きたいと思ってたんですわ、実は。
としんみりしてたら、彩姫さん。
「みんな、聴きたかったんでしょ?」
・・・このツンデレがたまらん(笑)

その後、数曲いつもの編成でやってから、中盤で小鳩さんのMCといつものおまじない。
本当に驚いたのは、この次。

ドラム茜さん・ベースMISAさん・ギター歌波さん・ギター小鳩さんの4人で、ボーカル無しのインストルメンタル
え?途中で小鳩さんは歌ったりしないの?と思ったらそのまま駆け抜けた。
まさか、ボーカル抜きの曲を持ってくるとは・・・

という訳で、こんな感じの大きなサプライズが2つありました。
これ、事前に知らなかったから、その驚きもあって中盤~後半の引き込まれ方が半端なかった。
それもあって、上で「一番楽しかった!」となったんですわ。
今回の構成は凄かった。これに尽きます(^-^)


最後に、ちょいと余談。
コレはさすがに無かったですね。
実は、ひそかに期待してたんですが。

今回のお給仕で演奏されたのは、通常版のこっちでした(笑)
まあ、secret MAIKO lipsはエイプリルフールネタですけど・・・ネタにしては本気出し過ぎぃ(笑)


.

[PR]
by yamori-v1 | 2018-04-04 23:13 | インプレッション | Comments(0)

CART好きが転じてKARTにはまりWWEのカート・アングルをリスペクトするカート三昧な生活。twitterでは@99yamorin01で呟いてます。


by yamori-v1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31