分離型イヤホン騒動、決着

ちょっと前にブータレた、イヤホンのお話の続きです。

実は、この記事を書いた時には既に次のターゲットを決めてました(笑)
e0045797_21134013.jpg
でございます。

まだ、発売されたばかりの、新作ホヤホヤ。
Pioneerって、アンプとかはあってもイヤホンのイメージはあんまりないかもしれませんね。
ただ、20年くらい前の話だけど、Pioneerのヘッドフォンはパソコン+MIDIシンセサイザーで打ち込みやる時のモニタ用で使ってたくらいで、ブランド的には信頼しているのです。

楽ナビの音も予想以上だし。

でも、さすがに発売前のモノを予約するのは勇気要りました。
一般的な評判が分からないまま、1万6千円のお買い物をするんだから。

さて、エイジングをして、その結果は?

超、俺好み♪

音については、最終的には上述の20年前に打ち込んだ曲を録音したデータで聴いてみました。
当時の俺の好きな音のバランスに仕上げてあるから、20年経とうが覚えてる訳ですよ。

で、その曲がすんなりと耳に入ってくる。
高音が強い「ドンシャリ」ではないし、かと言って低音が効き過ぎて音が潰れてる訳でもない。
中音域~低音域の辺りがちょっと強めですかね。

オーケストラ編成の曲を聴くにはちょっと物足りないかもしれませんが、その場合はイヤーピースを違う種類に交換すれば対応できるレベル。
e0045797_21134558.jpg
実際に装着するとこんな感じ。
ケーブルが無いのがこんなに快適だとは。
これなら、タンニングマシンに入った時にケーブル跡を気にする事も無いですね。
いや、入るにしてももう少し痩せてからですけどね・・・・

で、気になる音切れなんですが・・・
ジムと通勤で使いましたが、今の所一回も無し!
前回返品させてもらったモノとほぼ同じ条件なので、音切れの懸念はほぼ払拭されたと思って良いでしょう。

という訳で。
結構なギャンブルをしたと思いますが。
今回は、賭けに勝った!!!
大満足でございます。

余談ですが、説明書を見て驚いた事が。
この製品の設計、PioneerとONKYOの両方の会社が合弁みたいな形でやってるっぽいです。
オーディオ界は全然動向を追いかけてないので、驚きでした。

つまり、前回「使い物にならん!」と言って返品したのと、元は同じなのかもしれません。
まあ、向こうは2016年発売のモノだったので、技術の進歩、と受け取りましょう。
使用してから返品したもんで、ちょっと後ろめたかったのもあったから、落ち着く所に落ち着いたと、むしろホッとしとります(笑)

.

[PR]
by yamori-v1 | 2018-04-02 21:43 | インプレッション | Comments(0)

CART好きが転じてKARTにはまりWWEのカート・アングルをリスペクトするカート三昧な生活。twitterでは@99yamorin01で呟いてます。


by yamori-v1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31