人気ブログランキング |

映画鑑賞記「バイオハザード:ザ・ファイナル」~途中からネタバレあり

帰省の途中で寄り道して(笑)、観てきましたよ。
e0045797_19431601.jpg
バイオハザード:ザ・ファイナル
(RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER)

バイオハザードシリーズの6作目にして、最終作。
もちろん、観たのは立川のシネマ・ツー。
e0045797_19461380.jpg
今回は極上爆音上映じゃなかったですが、さすが音響が安定してますわ、ここの劇場は(^-^)
ストレスフリーで観れました。

◆雑感(ネタバレ無し)
前回のバイオハザードVリトリビューションで思った事。
色々とアクションとかはあるけど、結局ストーリーが全く進んでねぇ(-_-;
どうやって話を纏めるの?
ぶっちゃけ、興味はそこだけでした(笑)
で、どうだったかというと。
上手く纏めたな~~~。
お見事!
でした(^-^)

バイオハザードのゲーム版が好きな方には、主人公がミラ・ジョヴォヴィッチ演じる「アリス」っていうゲームに出てこないキャラクターなので、不満があるかもしれませんね。
e0045797_19555473.jpg
ただ、俺は怖がりなもんでゲーム版はほとんどやった事が無いのです。
だからかな?逆にすんなりと入り込めました。
スリルも中々あるし、今までの伏線をほぼ回収したんじゃないかな?
今までの映画シリーズを改めて見直してはないんで、間違ってるかもしれませんが・・・

冒頭のキャッチコピー
見届けよ、最期
はシンプルだけど中々的を得てますね。
(ちなみに、もし観るならエンドロール最期までちゃんと見届けてくださいねー)

色々とツッコミどころはあるけれど、楽しませてもらいました(^-^)

あ、因みに俺は3Dで観ましたが、このレベルだったら2Dで充分だと思います(笑)
3Dの意味、全くなかった。。。


◆このシリーズの存在意義(ここまでネタバレ無し)
以前の記事でも書きましたが、ゲームの映画化としては大成功ですよ、このシリーズ。
そこは、本当に素晴らしいと思う。
だってさ・・・それまでのってさ・・・
スーパーマリオ
ストリートファイターII
ファイナルファンタジー
他(笑)
ロクなの無いじゃん(^o^;
このバイオハザードは、途中で打ち切りにならず6作も作って物語もしっかり完結させた。
これはスゴイ事です。

あのターミネーターですら映画だけで2度も打ち切りになって、宙ぶらりんになるご時世ですよ。

今の所、これに続くのってあるかなぁ。
アサシン・クリードは今日の上映前に予告編を見ましたけど、なんかピンと来ない。
トゥームレイダーのリブートはどうだろう?
メタルギアはもう流石に映画化は無いだろうし。

ゲームからの映画化が成功した最初で最後のシリーズにならん事を祈ってます。


さて、以下からネタバレありです。





.




◆話の筋として(先に褒めまーす)
お見事な話の畳み方だったと思います。
3~5で広げすぎちゃった話をどう収めるのかと心配してたんですよ。

それの解決方法がスゴイ。
前作5作目のラストはワシントンでゾンビ軍団に囲まれた所で終わってました
今作、その戦いをどう切り抜けるか、から始まると思うじゃないですか。

冒頭。ゾンビもいない廃墟のワシントン。
アリスが一人瓦礫から歩いてくる。

え?あの絶望的な戦い、終わっちゃった所から始まるの?
で、なんか知らんけど味方もゾンビも全滅して、アリスだけ生き残ったの??

強引だなぁ、おい。
だが、それが良い(笑)

実際、そうでもしないと話を進められなかったでしょうね。
前作のキャラもほとんど一層しちゃいましたが。
まあ誰が居たかなんて、見直してない俺は殆ど覚えてないけど(^o^;

その後は、いつものアリス無双(笑)
e0045797_20225671.jpg
まあでも、この映画は
ミラ・ジョヴォヴィッチ=アリスのアクションを楽しむ映画
でもあるから、これで良いと思いますよ(^-^)

それでも、アリス自身の謎が明かされる所から後の最期のシークエンス。
「話の流れ」や「1作目からのネタの消化」も上手くできてて、かなり感情移入しながら楽しめました。
シリーズの中でも屈指の盛り上がりじゃないですかね、ここ。



◆でもさ・・・ちょ、マテオ(辛口入りまーす)
なんで、全体のイメージが曖昧なんだろう、このシリーズ。

例えば、イメージが曖昧なシリーズだとエイリアン1~4があります。
でもね、こっちは分かるんですよ。
以前もちょっと話題に出したけど、あれは監督の個性を前面に出してるのも特徴の一つだし、一話完結型ですからね。

でも、バイオハザードシリーズは同じ監督・主演で連作として6作も作ってるのに、統一感がまるで無い
同じシーンやトリックの使い回しも結構ある割には、それに付随すべきカタルシスも無い。
上述した「感情移入」の部分も、もっと盛り上げる事ができたはず。

1~2はそこそこ纏まってたんだけど。
あっちこっちに話が飛んでる割には全然ストーリーが進まなかった3~5を1本にしてれば、もっとシリーズとして締まったのでは?

早い話が、
引き伸ばし過ぎて名シリーズになり損ねた 
って事ですわ。
全体の話の筋は俺好みだったんですけどね。
あえて上から目線で言わせてもらえれば、すげー勿体ない

そう思うのは、これも理由かもしれません。
砂漠の戦闘は、MAD MAX FURY ROAD
バイクアクションは、ミッション:インポッシブル/ローグネイション
シリーズの統一感としては、ジェイソン・ボーンのシリーズ
これらの方が、俺の中ではレベルが高い(笑)
まあ、それ言っちゃ身も蓋も無いんですが。
それはしゃーない。

ホント、あと一歩・・・って所だったと思います。
最終作の今作が予想以上に楽しめただけに、余計そう思っちゃいますね。。。

あー、もどかしいっ(笑)



.

by yamori-v1 | 2016-12-30 21:29 | 映画感想 | Comments(0)

CART好きが転じてKARTにはまりWWEのカート・アングルをリスペクトするカート三昧な生活。twitterでは@99yamorin01で呟いてます。


by yamori-v1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31