クラッシュの時の感覚と、本能的な防御反応

「ライン外した!」
「ありゃ?減速しない。タイヤのグリップが全然無い」
「ダメだ!!」

ガードウォールに激突するのは避けられない。
せめて正面からではなく、横からぶつかって衝撃を少しでも散らす意図ではあったのだが。

強い衝撃を感じた後、180度スピンして止まるカート。
正面から、後続のカートが慌てながら避けてくれるのは確認。
後続のカートに手を振ってサインを出そうとしたところで、これまでに感じた事のない激痛を感じた私。

いつの間にか、カートが勝手に動いていた。
どうやら痛みで気を失ってたらしい。
周囲のチームの方やサーキットのスタッフが私のカートを押してコース外に出してくれている模様。

「気分はどうだ?」
ショップの社長が聞いてくる。
「自分にムカつきます」

そう、私は怒っていた。自分に対して。
情けない。

気温の上昇でカートのセッティングが合ってないのは分かっていた。
でも、そんな時に上手く乗りこなせるように、と練習していたのだ。
それが上手くできず、あまつさえカートを壊すようなクラッシュをしてしまった。
その悔しさが大きかったのだ。


しかし、真に心配すべきはカートの状態ではなかった。

左の肋骨の激痛で、カートから降りる事ができない。
ステアリングを取り外してスペースを作ってもらって、大人二人がかりでカートから引きずり出される私。
いつの間にか、救急車が到着していた。

幸か不幸か、意識ははっきりしている。
救急隊員の質問にはしっかり答えられる。
しかし、ストレッチャーに乗せられる時に走る激痛。
一度痛みが発生すると、体感で5秒くらいは痛みに耐える事となる。

肋骨以外は全く痛みを感じない。
重症であるわけはない筈だが、この類の刺すような痛みは今まで生きてきた中で初めての感覚。
自分の身体に何が起きたのだろう。

そんな疑問を抱きながら、救急車で運ばれていく私だった。


・・・小説風に書いてみました(笑)
カートでクラッシュして、救急車で運ばれたのでした。
って、要約するとこの一行だけで済んでしまうという(^o^;

さてさて、病院~その後については。
To be continued...⇒


因みに、クラッシュ~気絶~目を覚ました時の心拍数です。
e0045797_14333979.png
一番下がクラッシュする前、その次からが気絶してる期間、一番上が目を覚ました後ですね。
気絶するっていうのは生物の防御反応なんだっていう事が、これを見ても分かります。
身をもって体験しました(笑)


.

[PR]
by yamori-v1 | 2017-05-07 14:39 | KART | Comments(0)

CART好きが転じてKARTにはまりWWEのカート・アングルをリスペクトするカート三昧な生活。twitterでは@99yamorin01で呟いてます。


by yamori-v1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31