レヴォーグSTI試乗記

さて、新型インプレッサを眺め尽くした後、店舗にあったレヴォーグSTIの試乗をさせてもらいましたo(^▽^)o

e0045797_21283405.jpg

1.6リッターターボモデルです。
まずは外観のチェック。
e0045797_21283629.jpg

やっぱり、スバルといえばこの青(^-^)似合いますね。
写真だと分かり辛いと思いますが、リヤバンパー下部の黒い部分の材質がちょっと普通と違ってて、高級感がありました。

e0045797_21283725.jpg

フロントタイヤ。
奥に見える黄色いサスペンションがイカしてます(^-^)

e0045797_21283828.jpg

運転席側のドアを閉めると、効果音と共にナビにウェルカムメッセージが。
最近、こういうの多いですよねー。
俺のフォレスターもウェルカムメッセージはありますが、効果音にはビックリしました(^◇^;)

e0045797_21283864.jpg

ステアリング。
正直、ここは弱点と思います。同乗してもらった店長さんにも散々ボヤいてしまいました(^◇^;)
何がって、形や大きさは良いんですが、とにかく滑る
なんでこんな材質にしたんだ…
慣れれば問題ないのかもしれんけど、俺だったらドライビング用グローブを着用しますね。

e0045797_21283813.jpg

ギヤとサイドブレーキとエアコン。
ここは新型インプレッサとあまり変わらないですが、やっぱり質感は全然ちがいますね。当たり前ですが(^◇^;)


さて、やっと試乗の感想。

◆路面の凹凸の吸収具合がちょうど良い
俺の4代目フォレスターXTは市場でも「乗り味が少々固い」って散々言われてますが、レヴォーグSTIは上手くいなしてお尻に伝わる衝撃を和らげてます。
ただ、この衝撃って強過ぎたら疲れ易いし、弱いと路面の感覚が分からなくなるっていう、難しい部分なんですよね。
レヴォーグSTIは、そこのさじ加減が絶妙o(^▽^)o

◆ステアリング操作の追従性が素直
ワゴンタイプの車は車体が長いんで、曲がる時にリヤが残り易い傾向があると理解してますが、レヴォーグSTIはそんな事がない。
素直に反応して素直に曲がってくれます(^-^)

◆エンジンパワーの出方が絶妙
先にも書いた通り、試乗したのは1.6リッターターボモデル。
なんですが、2.0リッターターボモデルである俺のフォレスターXTよりもフィーリングが良い(^◇^;)
巡行のIモードとパワー重視のSモード両方試しましたが、アクセルに対するレスポンスの速さと、トルクの出方が素直なんですよね。だから扱い易い。
レヴォーグSTIの2.0リッターモデルは乗ってないんで比較はできないんですが、正直1.6リッターターボモデルで充分だと思います(^-^)


とまあ、俺レベルの試乗記だとこんな感じです(^◇^;)
安くはない車種ですが、値段以上の価値はあると思いますよ。

オススメですo(^▽^)o
[PR]
by yamori-v1 | 2016-10-01 21:35 | インプレッション | Comments(0)

CART好きが転じてKARTにはまりWWEのカート・アングルをリスペクトするカート三昧な生活。twitterでは@99yamorin01で呟いてます。


by yamori-v1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30